はんこの呼び方はいろいろ

  • RSS

印鑑・シャチハタ・認印など、はんこについて色々な呼び方があり、何となくのイメージで同じものというイメージはないですか?
現に、認印と言ってもシャチハタが使えますし、印鑑と言っても、シャチハタを持ってくる人が多いです。
ここで、この、印鑑・シャチハタ・認印というはんこの分類について、考えてみたいと思います。

印鑑とは、別名、印章といい、紙に押して、責任や証明を示すものです。
これは、シャチハタのはんこにも、認印にも言えることです。
イメージは、色々あるはんこの総称というイメージでしょうか。

次に、シャチハタ。
これは、スタンプインキを発明した会社名です。
皆さんがよく目にするシャチハタのはんこは、正式には、Xstamperといいます。
そして、このシャチハタという名は、インキ浸透式のはんこの総称のようになっています。

次に、認印。
これは、「公的な証明を得ていない個人のはんこ」と言ったところです。
朱肉印でもシャチハタでも、認印になります。
結論を言いますと、どれも何ら変わりがない。

すべて一緒だとはいいませんが、厳密な区別はない様に思います。
朱肉印やシャチハタ印は、構造や見た目が違っても、印鑑であり、はんこです。
そして、これらのこなす役割も変わりはありません。
ではなぜ、このように呼び名増えたのでしょうか。
それは、時代が進み、はんこ自体もどんどん進化していく中で、古いものと新しいものが同時に存在している「はんこの世界」、この世界、特有のものかもしれませんね。
ちなみに印章という言葉もありますが、印章を持ってきてくださいといわれたら、印鑑と朱肉を持ってきてほしいということだそうです。

〔厳選お役立ちサイトのご紹介〕
これからハンコを買おうと思っている方、もっと良い印鑑をお探しの方に、
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》がおすすめ!
レビューや売れ筋ランキングから、初めての方でも失敗しない印鑑選びができます!

このページの先頭へ